イスア国民文化祭2012 杜舞台 拝宮/紅葉川
中村浩司
Water Light

2012.09.22,23

那賀町の棚田の光景が印象的だった。私が普段目にする、均質的で直線的な田園ではなく、自然の地形にあわせ、その場所を変え過ぎずに作られている風景に非常に感銘をうけた。今でこそ特異な風景に感じてしまうが 、考えてみればそれは、私たちが長い間営んできた暮らしぶりであり、「当たり前」の風景だったものだ。自然と共に生きていくこと。謙虚さをもって生きること。 今回、神社の脇に流れる川の力で 発電を行った。境内に浮かぶ風船内の電子機器は、その発電した電力を使って動いている。
私たちが「当たり前」に感じてきたはずの、「何か偉大なもの」を見えるようにすること。身の回りにあるテクノロジーを 使ってでもそれができるのか、ということに挑んだ。大きな時代の転換期を迎えた今、そのことで、この那賀町の光景を詠うことができればと思う。新しい時代への布石になればと思う。

中村浩司|Koji Nakamura

1984年長野県出身。2010年東京藝術大学美術学部先端芸術表現科卒業。現在同大学修士課程在籍。映像やテクノロジーにある「不可思議さ」に 着目し、それらのメディアを通して「私たちのいる世界を捉え直すこと」を目指し、野外空間や日常空間でインスタレーション作品を制作している。