イスア国民文化祭2012 杜舞台 拝宮/紅葉川
望月ゆうさく
ジャグリング表現

2012 09.22,23

今てでこそジャグリングはスポーツやエンターテインメントで親しまれていますが、私が扱うdiabolo(ディアボロ)という空中独楽の芸は、奈良時代から日本に存在し、当時は輪鼓(リウゴ)と呼ばれ人々を魅了し続けてきました。 そのルーツを辿ると、人間を越えた神懸かり的な技(わざ)で、人と自然の神様との間を繋ぐようなものだったのではないかと考えられます。
那賀町では神社や大自然の中で表現を行ない、普段とは違う大変貴重な体験を頂きました。私の目指す自然の神様と人々の間に芸事が存在する瞬間も感じることができました。
今後もジャグリングの新しい展開に挑戦していきます。

望月ゆうさく|Yusaku Mochizuki

1988年静岡県出身。九州大学芸術工学部芸術情報設計学科卒。2012現在東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程在。東京・福岡を拠点に、子ども向けお楽しみパーティーからプロバスケットボールチームハーフタイムイベント、国内外のフェスティバルまで幅広く活動。