イスア国民文化祭2012 杜舞台 拝宮/紅葉川
金刀綾花
影と光

2012 09.22,23

お日待ちが行われたという聖神社で太陽の光を使った作品を制作したいと考えていた。作品制作では、空間に於ける時間の変化、時間に於ける空間の変化などに着目しています。
農村舞台の中と外を繋ぐ、光と影のインスタレーション。農村舞台を開くと大きく縁取られた窓がある。そ こに和紙のスクリーンを作り、その中に影絵を作る。太陽の光によって、舞台の中に影絵がうつしだされる。

金刀綾花|Ayaka Kaneto

1990年生まれ。埼玉県所沢市出身。空間に於ける時間の変化、時間に於ける空間の変化に着目し、月と太陽、光と影、陰と陽の相対的関係による空間造形の変容などをテーマに展開し ています。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科在籍。