イスア国民文化祭2012 杜舞台 拝宮/紅葉川
保坂いずみ
echo

2012 09.22,23

作品の中でだけでも、「世界を変える」ことができたら。無理のない仕方で、例えば無数の押し花を陽光に透かした色によって。「世界の変化」が鑑賞者に訪れるのは 、おそらくは光の加減によって、あるいは、目の錯覚によって、一瞬から数分の出来事である。
農村舞台は、ハレの日には京都や奈良を探してもどこにも無いほどの、山独特で力強い神々しさを見せる。山や舞台とは対極にあるような、頼りない存在のこの作品を透かして見ることで、舞台や山を感じてもらえたらと思う。

保坂いずみ|Izumi Hosaka

1983年東京都出身。東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒、2012現在同大学院美術研究科先端芸術表現専攻修士課程在。主な展示は2011神戸ビエンナーレ(兵庫県)、中央 美術学院東京藝術大学交流展(北京)。絵画制作、植物や虫ピンなど繊細なモチーフを使用した表現活動を行う。

photo: 富永正志